2014年07月16日

復活しました GETTING BACK

産休育児から復活いたしました。
帝王切開だったため、腹が完全復活をはたし、
ヨーガのうつ伏せの姿勢を痛みと恐怖なくとれるようになり気持ちよくできるようになるまで
出産後三年と十ヶ月(妊娠中を含めると四年と八ヶ月)かかりました。
復活方法も体験できて実に実りある育児奉仕期間でした。
一言切実に御勧めするのは、妊娠前に是非タイヨガで呼吸法を体得されることです。
妊娠後ではこのトレーニングは難しいです。
帝王切開後でも復活までのトレーニングはこの呼吸法を体得していたから短期集中トレーニングが可能です!!
お悩みの方がいたら先ずはご相談下さい。
さて、腹がようやく全うに使えるようになったのでここからが人生の勝負であります。
全人生をかけてこの「タイヨガマッサージ道」の探求に身を実験台に精進したいです。
アカデミーオブタイヨガマッサージ伊豆研究所を閉めて、熊本に事務拠点を移転致しました。
全講習は新たに築いたバリ島で実施致します。
宿泊観光型健康指導のセミナーもオーガナイズ予定です。
ウェブサイトも徐々にリニューアル予定です。
お問い合わせは 090-4539-8553まで。
posted by 遠 藤 かおり at 14:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月16日

猟期解禁

ついにハンターの仲間入りである
といっても罠猟であります
20101109syuryou.jpg
峠越えでこの時期よくお会いするのは
銃をかついでこのジャケットをまといこのキャップをかぶった鹿やイノシシ猟のハンターさんたちです
こうなると猟犬も欲しくなってしまいますが

旦那様はとにかく自分ではとどめの突き刺し(さしどめ)が難しいので
そのうち猟銃の免許もと思っていたところへ

昨晩から猟友会の人が訪ねてきてくれたり
今朝は朝一番で
罠猟の講習をしてくれるという罠猟師匠より連絡が入り
乳飲み子を満腹にさせたら
朝からくくりわなの特訓が始まった

怒られながらの特訓の甲斐あり
けもの道も見えるようになってきた

どうもこの時期猟師さんたちは血気盛んに浮足立っている
猟期解禁なのだ

shika.jpg

今朝旦那様より送られてきた
旦那様の職場付近のハンターが捕えた鹿さんである

ついでに
以前うちにいたチビくんがハンターになったのでご披露する

chibi.jpg



posted by 遠 藤 かおり at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月10日

ユニコーン unicorn 一角獣 サクラ

19日間の入院生活から戻り帰ったら
愛ヤギのサクラは
角が取れかかっていた

痛いらしく逃げ回っていたそうで・・・

ついに
先日ユニコーン(一角獣)になった。

20101017sakura.jpg

近所で夫が拾った鹿の角との比較
下の黒いほうがサクラの左角である。

20100927saku.jpg

そして
幸多がずいぶん成長し
男らしくなっていたことにびっくりした

20101101yukio.jpg
posted by 遠 藤 かおり at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月09日

娘 誕 生

娘が誕生してはや二カ月が経とうとしている。

お宮参りがまだで
これ以上親の都合で延ばしたら神様にも娘にも申し訳ないので
先日、富士山が雪景色になったのを確認したそのよく晴れた日に
まずは 氏神さまである 修善寺の鬼門を守る神社に急遽お参りに出かけた。 

父親も仕事でいつ都合がつくかわからない。
待ってはいられない。

親も子も頂いたワンピースで
一応正装しているつもりで 親子二人水入らずで出かけた。
とても楽しく 気持ちよかった。

神様にお参りするのは 日取りのタイミングと神聖な気持ちを保つことが重要な気がする。

20101102miyamairi.jpg

本当に神聖な心地よい一日だった。

そういえば
入籍する時も
夫の仕事の都合がつかず
一人で片道四時間かけて
夫ゆかりの地の長野県下諏訪の大社様まで出向き
お参りすることから始めた。

あの時も 本当に楽しかった!!
とても全てにおいて神聖だった。

それなのに
一番の笑い話は 役場に結婚届けを出したときに
一人だったので偽造結婚と疑われたことだ。

恐らく一般的な形式ではないから
理解されがたいのであろう。

それはそれでいい。

自分の心がどれだけ神聖かがお参りは重要かと思う。

たぶん頂いた普段着に 頂いた純白のフード付きケープをまとわされた我が娘も
わかっていたようだ。

本当に穏やかにいい笑顔でお参りしてくれた。

我が家の 「マスターヨーダ」である。
彼女から学ぶことは とても重要で多くある。

posted by 遠 藤 かおり at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月31日

いざ出陣

昨日、妊娠35週目の定期検診で大学病院(総合周産期母子医療センターMFICUに認定されている)
へ通院したところ

数週間前より言われていた通り
胎児の集中管理をするため
急遽 本日より入院する運びとなりました。

母子ともに元気ではあります。

ときに大きな病院は全て数値で判断する以外ないので
それに従うことにして身を任せることにしました。

実は、旅行気分で結構わくわくしております。
ドクターヘリも飛ぶこの病院は救命救急センターなので
ゆっくり入院できるとは
ある意味まれな体験で幸せな体験です。

昨日は、これから しばらく ゆっくり できないだろうと思い
よく通っている 玄米菜食のカフェに足をのばし
ゆっくりしてきました。

出陣祝いにと 豆乳アイスクリームをサービスしてもらいました!!

では行って参ります
posted by 遠 藤 かおり at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月22日

カエル2

ここATMアカデミーオブタイヨガマッサージ伊豆研究所にも
クヌギ林に囲まれているため
カエルが住み着いています

しかも
我が家のウッドデッキによく出没するようになりました
よく見ると 置いてある盆栽に住んでいたりするのです

20100613kaeru2.jpg.jpg

実は亡くなった息子は「カエル」と名付けていたのです
カエルは お空に還ってしまったのですが
よく 蛙に乗って その魂は 我が家に帰ってくるのです

20100613kaeu.jpg.jpg

亡くなって以来
住み着いているその蛙は
日々成長しているようです

そして 私たちに必要な時には
その蛙に乗ってカエルの魂は
本当にタイミング良くいつも やってきます

不思議ですが

今年もお盆の時期です

ここいらは お盆の時期が一般レベルとはズレテいて
8月頭だそうです

迎え火を 7月31日にやっているのを見ました

むかしの蚕さんの忙しい時期をさけての習わしだそうですが
お盆休みという観光シーズンの稼ぎ時をさけての観光地ならではことだと思っていました

その日の夜
やはり 一回り成長した蛙が網戸に飛び跳ねて またやってきました

次の日もやってきました

カエルのお盆のお供えをここらのしきたりですることにしました

20100821lotus.jpg

我が家の玄関先の蓮花がひっそり咲いていました

kaerukaeru.jpg

つい先日も
大学病院の産婦人科の在り方に疑問を持ちながらも お世話にならねばならないなかでの
迷いが生じていたときに

玄関先にてカエルからメッセージが二度ほど届きました
気付かないでると 不思議とまたやってくるのです


「心配しないで定期健診に行って大丈夫だよ。お母さん! 僕が赤ちゃんを守るから!!」

20100803kaeru.jpg

思うに 縁のある魂は 不滅で 必要な時に 絶妙なタイミングで 常に様子を見に還ってきてくれるのです




時代を超えた繋がりを教えてくれた 愛犬 に始まり

タイ人師匠

そして
お世話になった 偉大な女性であり偉大な母であった 照子さんとそのお嬢様たちを拝見して


先にお空に還った息子を通して

最近つくづく感じます

自由になった魂は 見ていて とても気持ちいいです

反対に自由になれない魂は 見ていて とても 辛いです

英霊という戦争で亡くなった日本兵の自由になれない魂への尊敬語があることを
最近知りました

はやく自由になってほしいです

posted by 遠 藤 かおり at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

カエル

伊豆には天然記念物の
モリアオガエルがいる

kaeruizu.jpg

この写真が その天然記念物かどうかは素人には判別できないが・・・

都会では 蛙たちが 住処をおわれ 消滅しているようである

また世界レベルでは あるウイルスの影響で蛙が絶滅の危機にあるとも聞いた・・・

私が育った街の神奈川県横浜市の実家では
既に 蛙の声や姿は見かけなくなった

子供のころは 近くの森から うちの池に産卵にやってきた ヒキガエル と どろどろしたその卵 をみて育っていたので その姿より
緑色のアマガエルのほうが好きになった

いまではその森がつぶされていて 水辺が全く見当たらない地域である

田んぼですら 畑に代わってしまって 土が盛られている

ここ伊豆には まだまだ 蛙があらわれる

20100512kaeu3.jpg.jpg

青々と茂った 近所の田んぼの近くを 夜に通ると
いまだに 蛙の大合唱を聞くことができて
うれしくなる

雨の日には 道路に飛び出た カエルたちを 車で ひかないように 必至である

20100613kaeru.jpg.jpg
posted by 遠 藤 かおり at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月09日

kuro & shu

白っぽい子猫と黒っぽい子猫のうち
黒っぽいほうを 「クロいの」というところから
わたしは「くろ」
と呼んでいる

20100726kuro2.jpg

夫は 大きいシマシマ模様の猫 と 小さいシマシマ模様の子猫のうち
小さいほうを
「チビシマ」
とか何とか呼んでいた

同じ猫である

その子は 今、ヤギ小屋より
鶏の卵小屋がお気に入りのようです

20100726kuro3.jpg

しかもそれは卵を産むために設置されて
青大将事件以来
鶏がまったく寄り付かなくなってしまった箱である

三匹いる猫はみな 性格が違い面白い

特にかわいいのは このクロいので

独立しているのは 大きいシマシマのハルキチである
このハルキチと一緒にきて 嫁に行った ミヤコは
来たときとは程遠い
性格に豹変してしまっているようであり
別嬪であるのに
まったく残念である

育つ環境はとても大切なのであると実感している

皆 ヤギ小屋で 

雌山羊のサクラ

20100731saku5.jpg


雌羊のあんこ
20100721anco28.jpg


雄山羊の幸多


と暮らしている

たまにそれに
雌鶏のシュウが加わる
20100726syu.jpg

小さなときから 分け隔てなく
いろいろな人種に触れ
その違いや 相手への尊重を 知った上で
その空間に調和するすべを
生まれてくる わが子にも
身につけさせたいとつくづく思っている今日この頃です




posted by 遠 藤 かおり at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月04日

sakuraさくらの近況

「リボンある?」

ある日夫が たずねた。

『リボンってひものこと????』

子猫の首にでも 首輪代わりに まくのかな???

その日に すぐに リボンを買いに行った。

お互い 必要なものを バラバラに買い物して 用を足して
夫を捜すと・・・

なんとも ファンシーな雑貨屋の前をウロウロしていた。

夫のいう「リボン」とは・・・
20100731saku3.jpg

先日、夫に
新しい首輪とおリボンを買ってもらったサクラ。
20100731saku4.jpg
20100726saku.jpg
posted by 遠 藤 かおり at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記